日々を感じて。


by arasanno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

立ち止まってみる

f0102235_17282278.jpg


空を見上げて
思わず立ち止まった
[PR]
by arasanno | 2007-10-18 17:28

その女は一度死んだ


最近、自分が自分ではないようで怖い


どうにも情動的過ぎて
何かやるにも度が過ぎる



オマケに
かなりおかしな勢いがあり
ドンドン進もうとする





もちろん
冷静な自分も存在はしているが


それでも、以前の自分とは明らかに違う


そんな自分に戸惑うのだけれど
何かに追いたてられるかのように
アタシは衝動につき動かされている



友人に
「最近、なんだか生き急いでいる感じがする」
と言われ
はた、とする。



そう、
アタシは生き急いでいる、のだ




この毎日が

当たり前のように過ぎていく毎日が

日々壊れゆくものだと

当たり前など存在しないと

そう無意識に理解してしまったから。




アタシという人間は
つくづく極端に振れてしまうのだと思う



明日はないかもしれない


こんなことを言うと
極端だ、と笑われるかもしれない

事実、友人には笑われてしまった


しかし、
ある若くして亡くなった
哲学者の女性も著書でそれを述べていた

普段は目をそらしていることだが

それは
実は紛れも無い事実なのだ




一日その日を終えるたびに
アタシは死ぬ


そして、朝になり蘇り
新しい一日が始まる



毎日が大事な貴重な時間であり

前日までに作りあげた執着は捨て去る


そうすると
毎日が新鮮な喜びと
そして『生』を実感させる苦痛に
満ちていることに気付く



この感覚は
少しすれば治まるのだろうか


それとも…?




少なくとも
昔の『アタシ』は一度死んだ



明日のアタシは?
明後日のアタシは?
明々後日のアタシは?




日々の連続性を意識しないと
壊れてしまうのではないかと
不安にすらなる



だからこそ、冷静な目を失ってはいけない



心配そうにアタシを見る友人を横目に
自嘲的な笑みさえ浮かべ
そう、自分に言い聞かせる


歩くことを覚えたばかりの赤子と同じ

まだ始まったばかりだもの
[PR]
by arasanno | 2007-10-14 21:16 |

転機



かれこれ、
二年ほどの試練の末


アタシは転機を迎えることなった。



引越し

離婚

転職

ひととの出会い




すべてが一気に訪れた

これってホント、小説なら「第二章」ってかんじ。

過呼吸とか、癖みたいに残ってる
トラウマはまだ正直、ちょっとあるようだけど

でも、自分の内面的容量が
この試練で格段にレベルアップはしたようだ(笑)

それに、
今回のことがあったからこそ「気づけた」ことが沢山あって。
あの事件にすら、今はホントに感謝している・・・・


それでもって
ちょっとやそっとじゃ、動じなくなった自分が怖いくらい(苦笑)

今の妙な自分の状態を喩えるのなら

ちょうど大嫌いなジェットコースターに乗らされまくった後の
無鉄砲なまでの「躁」状態とでも言おうか



ちょっと自分でも調子に乗りすぎじゃ??と不安になるくらいの



でも、こんなときだからこそなんだけれど
一世一代の賭けに出れる
まあ、そこまで大げさじゃないけれど。。。。


実は
知人がカフェを立ち上げることになって
パートナーとして一緒にやらないかというお誘いを受けた



収入も実はだいぶ落ちるし、格段に忙しくなるし。
(しばらく、安定するまではお休みも不安定だろう)

小規模なお店とはいえ、
二人でまわすことになるので相当体力もいるだろう。

それに、ひとの賭けに便乗するわけだから
ある意味先行き不透明でもある。



でも、
オーナーさんのセンスのよさと姉御っぷりに
思わず「ついていきます!」と反応してしまったアタシ。


楽しそうだし
なにより、吸収できるものも多そうだし。
やりたかったことっていうのもあるけど

完全に勢いだわ、コレ。。。


オーナーさんにも言われた
「いやいや、最近は若い子でも勢いない子が多くて。
話にのってくれてよかった!」

・・・って、
やっぱり一般的にハイリスクなんだなあ・・・(苦笑)




加えて
離婚してから友人の数が相当増えた。

もともと、インドア派で引きこもり大好きな人間だったのだけれど

一人になって
フットワークが軽くなったせいで
お誘いにのる→人見知りしないので話す→知人が増える
という感じ。



友人もひとりだと気兼ねなく泊まりに来てくれるようになり
女同士で深夜まで話をしたり・・・・


案外ひとりも悪くない・・・(ニヤリ。。。




立ち上がる癖さえついて
健康に生きていれば、人生、結構やり直しきくもの。


今日は
調べものついでにネットカフェへきている。
(ウチにはネットつないでないんだもん。)



覚えること、
アイデアを搾り出すことが沢山で困り果てつつ

久々の緊張感にちょっと焦る・・・


あと一週間ほどで本格始動なので
またしばらくは記事アップできないとは思うけれど。


今日は息抜きがてらちょこちょこ書いてます。
いいのかなあ・・・・

こんなことしてて・・・
[PR]
by arasanno | 2007-10-12 17:40

music


○Bobby Valentino feat. Ludacris - Give me a chance
[PR]
by arasanno | 2007-10-11 18:11

Brown


先日、友人に言われた


「第二の、青春だね。」


思わず、うなずくアタシ。


そうそう、
まさに青春だわ。

よく考えたら、
ひとつのところに留まり過ぎた。
変化を怖れすぎていたから。

今からが新たな人生への門出。
人生を味わい尽くすとき。


しみじみするアタシの隣で友人は更につづける。


「でも、もういい歳なんだから。
 《青》はないよねえ。
     もう青くはないでしょ?」

え?!
ま、まあ(苦笑)確かに、もうフレッシュじゃないか・・・
そんな歳でもないし。
青くはないわ・・・・。


「じゃあ、茶色くらいだわ。
茶色の青春・・・
・・・・ってうか、それって秋ね。」


そ、そっか・・・?
この離婚も秋だし、ちょうど茶色かも。

茶色って、あんまりイメージよくないけど。
しっとり、大人なのも悪くない。



アタシの茶色の青春
茶色といえども、くすませない。


楽しい、第二の人生スタートだわ。
[PR]
by arasanno | 2007-10-11 17:11