日々を感じて。


by arasanno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

空気人間

自分自身以外の場所で希望を見つけようとするのは間違っていると思う

作家 アーサー ミラー


色即是空
この世に確かなことはなにもない
だから今を生きる

色即ぜねれいしょんより


全ては自分自身からはじまる
二年前にあたしはそれに気づいていた

それなのに
まだ呪縛からぬけだせずに
無意識に誰かに期待していた


わかっているはずだ

幸せは
生きていく場所は

誰かに与えてもらうものじゃない
自分自身で作りだすものだということを。



あたしは過去にも未来にもいない
今を生きるのだということを


今やりたいことはなんだろう
なにがすきで
なにがきらいなのだろう


いつの間にか
そんな感覚すら麻痺してしまっている


自分がなにものなのか
ほんとうの自分すらわからない


誰かの求める誰かにしかなれないあたしは
彼等がいうように、『つまんない人』で

自分でもつまらないやつなのかも、と
たまに思う




期待が幻想という名の空気を吹き込めば
あたしのからだは軽くなり
誰かのために夢をみさせるだろう


でも
結局、たかだか空気人間

期待にそえない自分に気づく

貴方の息吹で生を授かっただけ
貴方の望むパズルのピースになっただけ

外からみたあたしと
ほんとうのあたしと

どれがホントのあたしで
どれがちがうの?
[PR]
# by arasanno | 2009-10-24 13:05

ゼロ


だから、わたしたちは落胆しない。

たといわたしたちの外なるものようには滅びても、
内なるものは日ごとに新しくされていく。

なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、
あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。


わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。

見えるものは一時的であり、
見えないものは永遠につづくのである。


コリント人への第二の手紙 4章16−18節


先日、海外ドラマを観ていたら
こんなことばが引用されていた。

望むと望まざると
『外』の世界は変わってゆく

そして
内面はその外の世界の変化とともに
なにか悟り変わってゆく



 諸行無常
「この世のあらゆる全ての現象・存在は移ろい変わりゆくもので、

生滅変化を繰り返す常ならずにある」


この世における現象・存在には、
永遠不変なるもの、
永遠不滅なるものは一切何もないということ

 仏教の教えでも
まさに「無常」の理解は真髄であり
無常の理解を完全完璧に行うことができれば、
それで悟りに至ることができると言っても全く過言ではない

感傷的ではなく
それを理解できてきた気がする


なにもない、ゼロな
まっさらな自分

なにかを与えてくれていてくれた
外の世界に感謝すらうまれる



なにかをはじめるとき
失う覚悟もまた必要だ

そして
泡のように消える刹那だからこそ
この世はこんなにも美しい
[PR]
# by arasanno | 2009-09-16 21:29

シンプルであることの大切さをひしひしと感じる。


リスクを避けるための知識は必要だし
先を考える為の思慮深さも必要だと思う


しかしながら、
それ以外の事に関してはできる限りシンプルに生きること

率直であること

目の前のことにシンプルに集中することは
よりよく生きるために必要なことだと思う

More・・・・・
[PR]
# by arasanno | 2009-08-14 17:10

「美人でスタイルよくて知的で

三拍子も四拍子も揃ってて

なんでオトコがいないのかねえ。」


でっぷりしたお腹
ポロシャツにパンツというカジュアルないでたち

タバコのヤニで黄色くなった歯の隙間には黒いものがみえる
細めた目でちらりとこちらを見る。


「はあ・・・」

誉められたのだろうから喜んでいいはずだが
何故か素直にはちっとも喜べない

More
[PR]
# by arasanno | 2009-08-13 18:03

ゆらぎ

あなたが傷ついている分、まわりの人を傷つける・・・
(Chuck Spezzno,ph D)


私たちは何度もつらい思いをしたり、または、一度でもひどく傷ついたとき、それ以上、傷つかないですむように「自立」を決意します。人とのつながりを断ち、もう2度と誰にもしばられたくないとか、犠牲をしいられたくない、「愛の奴隷」にはなりたくないという気持ちでそうするのです。

そしてこれ以上、自分の感情を感じるのがいやなので、自立という役割を選ぶのです。自立という役割は自己充足的なので、ある種の魅力が強まり、あなたのまわりには人が集まってきます。するとその時、あなたにひきつけられてきた人たちの、依存性が引き出されてしまいます。

彼らは依存的になり、自分の望みをあなたに満たしてもうおうと、あなたをつかまえてかかわりをもとうとするのです。そういったことはみな、あなたが「もう絶対にそうさせない」と誓ったことばかりですから。

当然、あなたは人からコントロールされそうだとか、自分の感情に直面しなければならないような状況から遠ざかります。あなたの心が傷ついている分、まわりの人々の欲求にこたえるのがいやになります。するとその結果、あなたのまわりでは次々に人が傷ついていくことになるのです。

*    *

More
[PR]
# by arasanno | 2009-08-10 10:07


Rain on me

http://www.youtube.com/watch?v=1-Qw5tuwUMs


弱っているときや
感傷的になっているときに

本やドラマなんかで
ふと引き戻されてしまうときがある


回復への道はまるで螺旋階段のようで
グルグルと同じところを
永遠にのぼっているようにしかみえない

さもなくば
昔のダメな自分に戻っていたり

なんだか、苛立ちと苦しみで
いきることにも疲れてくる

幸せ探しなんて
幻想にしか過ぎないのに。

やめよう、考えるのは
やめよう、こんな雨の日には

歌詞
[PR]
# by arasanno | 2009-07-27 18:55

驕り高ぶりを捨てて


三十路


過渡期だなと思う

More
[PR]
# by arasanno | 2009-04-09 20:09

music



LEONA LEWIS / Run

歌詞
[PR]
# by arasanno | 2009-02-11 13:56

music



P!nk - Sober

歌詞
[PR]
# by arasanno | 2009-02-11 13:44

music




Everything is Borrowed - The Streets

歌詞
[PR]
# by arasanno | 2009-02-11 12:59